カテゴリ:ここ行きました( 5 )

2009年 12月 30日
年の瀬の六本木 ~お菓子めあての映画鑑賞~

年の瀬の六本木に行ってまいりました。

目的は映画観賞。
息子と「カールじいさんの空飛ぶ家」を見てきました。

はじまってすぐに気がついた。


やばっ!これ、字幕じゃん!!


吹替上映もたくさんあるとゆーのに、
よりにもよって字幕の3D上映を選んじまった!しまったーー!!

しかし息子、なにも言わずに黙って見てました。
セリフメインの映画じゃなくてよかった…。
しかし上映後のリサーチ。


「ごめーーん、英語だったけどお話わかった?」

「わからなかった」(きっぱり断言)


わからなかったけど、家が飛んだりいろんな冒険があったりで、
見ているだけでも楽しかったらしい。
ゴメン、次からは気をつけるわーー。

なぜ字幕しかないのに見に行く映画館を
六本木ヒルズのTOHOシネマズにしてしまったかというと、
電車の乗り換えが楽で行きやすいというのもあるのですが、
ここにはこんな楽しみもあるからで。

b0167392_7575496.jpg



映画館といえばポップコーン。

まわり中がにおいをプンプンさせて
ガツガツとポップコーンを食べている映画館だと、
ちっくしょ~と頭かかえてしまう食アレ家族だったりするわけですが、
最近では息子の場合、映画館でポップコーンは買ってもらえないものと納得しているらしく、
人が食べていてもウンともスンとも言わなくなりました。

そうなるとそれはそれで切ないのが親というもの。

ここ六本木のTOHOシネマズだと、↑のような
アメリカ~ンでポップなお菓子たちが量り売りで売られています。

たまにチョコ系なんかも混ざっていますが
たいていはグミやアメ系なので、ドギツイ色素などに目をつぶれば食べられるものが多いです。
それぞれの棚に原材料表示もちゃんとされていますので、選ぶのにも安心。

たまの映画でのお楽しみ、なだけでなく、
ハロウィンとか、みんなが飛びつくようなウキウキするお菓子、
アレルギーっ子も食べられるけど、みんなもワクワクするようなお菓子が
必要な時には、映画は見なくてもわざわざこれだけ買いに来たりもしています。


映画鑑賞のあとは、ヒルズから東京ミッドタウンに移動。

b0167392_8194461.jpgb0167392_844728.jpg


ここで、車で来た父と妹と合流しました。


父が聞きました。


「映画おもしろかった?」

「おもしろかった!英語だったけど」


ニャハハ、まあいいさ、おもしろかったなら。


なぜわざわざミッドタウンに移動したかといえば、
ヒルズにあった KOOTS GREEN TEA がなくなってしまい、
六本木ではミッドタウン店だけになってしまったからです。

ミッドタウンのKOOTSははじめて行きましたが、ヒルズに比べると屋内だしせまい。
ウーーーン、やっぱりヒルズ店好きだったんだけどなあ。

b0167392_8245695.jpg


ヒルズ店のKOOTS跡地はこんなものになっていた。


b0167392_86121.jpg


Oh!アレルゲンのかたまりね!食べられるものひとつもなさそうよ~~
流行りものかよ!すぐに消えるぜ!とヒルズからミッドタウンに移動する途中で
思わず毒づいてしまいましたが、ヒルズ→ミッドタウン、歩いてみると意外と近かったです。

六本木を歩くなんてめったにない機会なので、
いや~~六本木も変わったねえ、とオバチャン思わず感慨深かったです。
六本木といえばアマンドからアークヒルズ方面に歩いて…とかいう時代もあったのに、
いまや車でヒルズかミッドタウン…、自分も六本木も変わったなあ。
いけない、最後は世代ネタか。年がバレるのでここはこのくらいにしておこう!

以上、年の瀬の六本木リポートをお送りしました。
たぶんこれが今年最後の更新になると思います。


みなさま、よいお年を!!!
[PR]

by youcanrun | 2009-12-30 00:00 | ここ行きました
2009年 12月 16日
師走のディズニーリゾート ~シェフミッキー編~
このところ、炊飯器ケーキの制作にハマっていました。

b0167392_5551858.jpgb0167392_555359.jpg

(白いのがかぼちゃなし、黄色いのがかぼちゃ入りですね)

試行錯誤の結果、たどりついた結論。


波里 お米の粉で作ったミックス粉パン用 100g
ベーキングパウダー 3g
かぼちゃペースト 20g
ペリエ 100g
サラダ油 10g
メープルシロップ 30g


以上を粉類と液体でそれぞれ混ぜてから
合わせて炊飯器に入れスイッチオン!

レシピは以上!単純明快!

かぼちゃパウダーを切らしていたのでかぼちゃゆでてペーストを作りましたが、
かぼちゃパウダーならさらに単純配合になったわね。

単純明快なだけあって、断面はふくらみが不均一で穴あきだったりします。
でもいいの、今回は単純なことが大事だから!

なぜ単純が大事かって?



旅先で作るからです!



これまでも炊飯器を持ちこんでホテルで米を炊いたことはあるのですが、
炊飯器ケーキを炊いたのははじめてです。(〇ラコスタさんゴメンなさい)

朝起きてすぐに炊飯。単純配合なのですぐにできあがりましたよ~♪

ちなみに炊飯器は〇ショナルの3合炊き。
炊飯器ケーキはメーカーによっても出来上がりに差が出るようです。
古い情報ですが、以前炊飯器ケーキに凝っていた時のレポートはこちら

なぜホテルでケーキを炊くか。
それはこちらのレストランへ持ちこみしたかったからです。


b0167392_5564792.jpgb0167392_5572052.jpg



今回、昼食はシェフミッキーを利用しました。

シェフミッキー、過去の経験からいって、
朝食はまだしもランチタイム、ディナータイムだと、
アレルギーっ子にはほとんど食べるものがないんですよね~~

オチェアーノ同様、シェフが食べられるものを説明してくださいましたが、
やはりほとんどNGです(^_^;)

というわけで説明のあとにケーキをお渡しすると、
きれいにカットして持ってきてくださいました。

b0167392_558262.jpg


ミッキーパンケーキ用のメープルシロップをいただいて食しました。
フワフワでかなり美味しかった!


b0167392_5583068.jpg


こちらのゼリービーンズは、クリームソーダ(だったかな?)以外はOKだそう。
色見ただけで体に悪そうな代物ですが、こんな時くらいはよしとするか…。

これでもかってほどミッキーやミニーがテーブルにやってくるので、
子どもたちも食べものはどうでもよかったようです。


以上、師走のディズニーリゾート3部作をお届けいたしました♪




え?パークのレポートはないんですかって?




残念!今回、なにをかくそうインパークはしていないのです!

ホテルでもオチェアーノでもシェフミッキーでも散財してるので
パスポート代は節約ということで!(師走は激混みだしねーー)

娘のほうはシェフミッキーでミニーちゃんに会えたので
「ディズニーランドでミニーちゃんに会えたの~♪」と満足。

息子のほうは一瞬、「ミッキーの風船が欲しい…」とぼやきましたが、
アトラクション自体には執着がない様子。

プール大好き息子なので、ミラコスタのテルメ・ヴェネツィアを満喫し
満足したようです。


b0167392_5593379.jpgb0167392_5594966.jpg



~おまけ~ カメラマンぺっち撮影

b0167392_601967.jpgb0167392_603753.jpg

[PR]

by youcanrun | 2009-12-16 00:00 | ここ行きました
2009年 12月 14日
師走のディズニーリゾート ~オチェアーノで朝食編~

朝食は今回、オチェアーノを利用しました。
夕食持ちこみですませたので、朝食はちょっぴり豪華に(^_^;)

あいかわらず、アレルギーっ子的には食べられるもの少ないかな~
海苔とごはんと、フレンチポテトとメロンで
おなかをいっぱいにした息子でありました。

フレンチポテトは揚げ油のコンタミネーションありです。
ほかには、しらすとか、鮭フレークあたりがアレルギーっ子にもいけそうなとこかしら。

チェックイン時にアレルギーがあることを申し出ておいたところ、
食事前にシェフがやってきて料理の説明をしてくださいました。

以前、症状的にもっと不安だった時には、予約の電話の際にも
アレルギーのことを話したりしていたものなのですが、
当日の説明をお願いする程度なら、チェックイン時でも大丈夫なようです。

今回、シェフはものすごく慎重で、
「低アレルゲンメニュー」の利用を勧めてくださいました。

うーーん、でもうちの場合、好き嫌い多いからせっかく作ってもらっても残しそうだし、
食べそうなものだけざくっと取ってきたほうがいいのよね。
多少のコンタミなら大丈夫なようになってきてるし。

説明にあたっても、これは乳糖混み、とかこれは市販品、とか
かなり詳細に説明していただきました。

聞けば、シェフのお子さんもうちの下の子と同じぐらいの年でアレルギーっ子なのだそう。
数値的にもかなり高いほうだとのこと。
なるほど、だから乳糖や乳たんぱくでも危ないこと、すごく気にしてくれるのね~!

息子の場合、

「あ、そのぐらいなら大丈夫です」「その程度はもう食べられます」

と強調して答えてしまったので、アレルギー軽いんだなあと思われたかも。
確かに軽いほうと言えなくもないのかもしれないけれど、

シェフのお子さんぐらいの時には乳糖レベルでも即座に反応したこと、
接触でも顔が腫れだしたこと、外食なんてTDR以外はしたことがなかったこと、
だけどヨーグルト0.5gからビクビクの摂取をはじめ、
7歳になった今は30gまで進んだこと、
料理の説明よりもむしろ、そういうこと、もっとシェフとお話ししたかったなあ…。


今回は、上記のOKメニューのほかにも思いきったチャレンジを。

料理を見ながら、息子が唯一「これ食べたい!」と興味を示したモノ。



ブルーベリーヨーグルト。



旅行では負荷は休止と思っていましたが、本人が食べたそうだったので、
ひとつ取ってきて、少量だけ食べさせました。

反応はなし。

乳児の頃からこの「オチェアーノ」を利用しているけれど、
ずいぶん時が経ったのだなあ、ずいぶん遠くまできたのだなあ、
と感慨深い思いがしました。

b0167392_5531321.jpg


テラスからシーのショーが見られるのが売りのレストランですが、
室内から見るのだとちょっと遠いかな~。ショーはやっぱり間近で見たいもの。

キッザニアでカメラマンをやってからだろうか、
写真をやたら撮りたがる息子、何度か一眼のシャッターを押しました。
頼む、落とさないでくれ…!キミ用にカメラ用意する必要がありそうね~~

b0167392_5535615.jpg


こんな構図かい!デカすぎるだろう!?
[PR]

by youcanrun | 2009-12-14 00:00 | ここ行きました
2009年 12月 13日
師走のディズニーリゾート ~ホテルミラコスタ編~

息子の誕生日なもので、行ってきました、東京ディズニーリゾート。

バケーションメーカーでとりあえず平日金曜日にミラコスタに宿泊予約を入れたものの、
残念!仕事が休めなかったーー!!休めないどころか母はめずらしく残業Day。
仕方ないので、父が学童、保育園より子どもをピックアップ、
夜にミラコスタ入りし、夕食はおにぎり持ちこみ、部屋で簡単にすませました。

ホテルに夕食持ちこみで食べるパターン、下の子が小さいと
レストラン行くよりもこのほうが気がねなくて楽、しかも経費削減になるもので、
ここ数年、よくやるパターンです。

今回は地元でおにぎり調達して持っていきましたが、
いつもはイクスピアリのおむすび権米衛と成城石井をよく利用します。
今回利用していないので断言はできませんが、
権米衛、たぶんゴマ抜きなども対応してくれるはずです。

b0167392_7481571.jpg


遅れて到着した母、権米衛の手前にあるスターバックスでソイラテとソイモカを調達しました。
うちは卵OKなので、キャラメルマカロンなんかもおまけに買っていきます。

コーヒータイムのあとはお約束のバブルバスにバシャーーーン!!
仕事のせいで遅いホテル入りになってしまったけれど、ホテルステイ満喫しました。


お部屋はヴェネツィアサイド。眺めはこんな感じで。

b0167392_7473752.jpg


わが家はヴェネツィアサイドの利用が多いです。

ヴェネツィア・サイドだと、予約するタイミングが遅くてもわりと空いていることが多いのと、
ポルト・パラディーゾサイドに比べるとあたりはずれないかな~という印象があるので、
いつもついついヴェネツィアサイドにしてしまいます。

ミラコスタに行くと決まってテルメ・ヴェネツィアを利用するので、
ヴェネツィア・サイドのほうがテルメ・ヴェネツィアに近いというのも理由のひとつかな。

テルメ・ヴェネツィアについてはまた追ってリポートしたいと思います。
[PR]

by youcanrun | 2009-12-13 00:00 | ここ行きました
2009年 10月 18日
サンリロピューロランドに行ってきました
行ってきました。タマのネコの国。

そのむか~~し、できて間もない頃、デートで出かけてしまい、
な、なにかまちがったとこ来ちゃった?私たち!?と思った
サンリオーピューロランドでしたが、娘と一緒だととても楽しかったです。

b0167392_8151872.jpgb0167392_8153785.jpg
b0167392_815583.jpgb0167392_8161115.jpg
b0167392_8162624.jpgb0167392_8163913.jpg
b0167392_8165147.jpgb0167392_817426.jpg
b0167392_8171736.jpgb0167392_8172972.jpg
b0167392_8174347.jpgb0167392_8175429.jpg
b0167392_818688.jpgb0167392_8182073.jpg
b0167392_8183083.jpgb0167392_8184292.jpg
b0167392_819687.jpgb0167392_8191773.jpg


千葉のネズミの国とちがって、すいているのがいいですね~!
平日に行ったら、どこもすいていてホント快適でした。
やはり、ここは未就学の女子限定、て雰囲気のテーマパークなので、
そこがネズミの国との混雑の差になって現れるのでしょうか。
キャラクターとも存分にハグできて、娘的には大満足!

息子は小学校がありますので、まずは娘と2人で入場。
娘のほうは非アレルギーっ子なので、
食物アレルギー的にはまるで参考にならない今回の記事です(^ ^;

低アレルゲンメニューもちゃんと用意されているようなのですが、
食べられる食べられないにかかわらず、息子は嫌がるだろうなあ。
キティちゃんだから…。

授業が終わってから父とやってきて合流した息子は
「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー」のみ体験。
割高な入場料になりましたが、割引券あったしまあいいか…。

息子としては、帰り道に寄って夕食を食べたココスが一番楽しかったよう。
家族でココスを利用するのははじめてでしたが、
ココスの低アレルゲンメニュー、〇才ぐらいのお子さまに、
と表記がしてあって、いろんな分量のメニューがあるのがすごくうれしい!
おこさまハンバーグを頼んだところ、息子にはちょうどいい
ボリュームだったようで、満足そうに完食していました♪
ぬり絵と色鉛筆を貸してくれるのもうれしいサービス!

ええ~?キティ~~~!?て感じの息子ですが、
サンリオピューロランド、パレードでは、目の前で
息をのむアクロバットの数々を披露してくれたりなどもして、なかなか侮れません!

今度はみんな揃って行ってみようかな。

本編のほう、ようやく更新しました。
[PR]

by youcanrun | 2009-10-18 00:00 | ここ行きました