2010年 02月 27日
今週の代替状況と次年度の解除について

月曜日 セルフフィッシュサンド、ワンタンスープ
火曜日 チキンライス、ベーコンと白菜のスープ、ワインゼリー
水曜日 わかめとじゃこのごはん、生揚げそぼろあんかけ
木曜日 セサミトースト、コーンシチュー、わかめサラダ
金曜日 ごはん、魚のかば焼き風、おひたし、煮豆


今週のサンヨーミックス粉パンはうまくいったね!

b0167392_5585183.jpg


ミックス粉460gで角型に入れて焼いたところ、
ちょうどいい感じに上まであがりました。

今週は月曜日に大失敗。
すっかり弱気になっちまいましたので、木曜日も小麦ゼロミックス粉でいきました。

コーンシチューは「シチューの王子さま」を持っていって作っていただきます。
ワインゼリーは、なんか紫色のゼリー?と勝手に想像し、
市販のでっかいぶどうゼリーを持参。

「ゼリー、大きかったでしょ?」

「みんなの2倍くらいあった」

「自慢した?」

「自慢した」

みんなとのちがいを喜ぶ性格にはずいぶん助けられている。
そんなわが道を行く性格が災いしてか、先生に一人だけ怒られても
「へのかっぱ」なのにはいいかげん辟易しているが…。

「みんなのゼリーも紫色?」

「白」

白~!?白なのにどうしてワインゼリーさ?
確かに、原材料には乳酸菌飲料と寒天ぐらいしか書いてなかったから、
どこがワイン?なぜワイン?と不思議ではあったのだけど。
まあいいや、おいしく食べてきたなら結果オーライちゅーことで。

弱気な1週間とはいうものの、火曜日のチキンライスは、
バター入りでライスを炊飯するというもの。
含有量的にどう考えてもいけると思われたので、
おかわりなしで、みんなと同じものを提供していただくことにしました。
含有量的にはどう考えてもセーフなので、問題なく食べられたようです。

けれどここのところ、診断書の提出もないままに
なしくずしに給食での部分解除をお願いしているので、
それもどうよ?本当に大丈夫なんですか?的な雰囲気をひしひしと学校側から感じる…。

2年生に向け、そろそろちゃんと活動していかないといけないなあ。

とは思うものの、なにをどうやって?
ちょっと、頭のなかを整理しておかなくちゃ。


保護者会 → 担任、栄養士さんに現状の報告、次年度の除去の相談の場を作っていただくようお願い

通院 → 今後の相談、診断書の依頼


あら、なんかすごくいろいろやらなくちゃ!みたいに思っていたけど、
書き出してみればこんなものか。

当面の問題は、次年度どの程度まで解除していくか、
どんな診断書を書いてもらうかということよね。
その診断書でもって、どんな交渉を学校側にしていくかは、
次年度の担任が決まってからの話し合いになりそうな気がするので、
まず3月は診断書の内容を考えることだな…。


↑あまり解除しない

・アレルギー的に無理はさせたくない(母)
・まだまだ慎重にいきたい(母)
・事故があっては困る(学校側)
・中途半端な除去だとかえって混乱するので完全除去のほうがいっそ楽(給食室)
・おかわりなしの配慮など、煩雑になるので完全除去のほうがいっそ楽(担任)

・除去食はなければないほうが楽(給食室)
・代替を作らないほうが楽(母)
・「持っていき忘れ」がこわい。代替持参がなければ精神的に楽(母)
・食べられるものならみんなと同じものを食べさせてやりたい

↓どんどん解除する


診断書の基準について考えるにあたっての、メンタルな要素はこんなものか。
診断書の基準について考えるにあたっての現実的なデータは本編のほうにあるとして。

現実的なデータだけで判断できれば単純なのだけど、
やはり実際には自分も含めた関係者のメンタルな部分を
顔をつきあわせて持ち寄りつつ、決めていくことになるんだろうなあ…。

仕事をしているとよく思うのだけれど、
仕事というのは、純粋に「仕事」しているのは70%くらいでしかなく、
残り30%は実は根回しだったりする。
この比率は、業種によっても変わってくるのだとは思うけれど。

なんで、こんな仕事以外の部分に時間かけてるんだろ、
こんなの仕事じゃないじゃないかーー!と思うのだけれど、
実際には、30%の根回しがないと結局うまくいかないということになる。
「仕事」の部分なんてのは、ある程度のスキルがあれば誰でもできてしまうので、
実は仕事がうまくいくかどうかというのは、
仕事自体の精度じゃなくて、根回しをいかにあざやかにやりとげるかに
かかっていたりするわけだが、これは目に見えない部分なので、
案外、そのことに気がつかなかったりする…。

政治家なんて業種になると、きっと90%は根回しだよね~~
などと思ったりするわけですが、いけねえ、話がズレすぎた。

要は、メンタルな部分がかなり大事だということで…。
3月中に、できるだけ関係者各位のメンタルな感触を探ってきたいと思っています。

上に書いた項目には、カッコ書きで誰にとってそうなのかを書いたのだけれど、


・食べられるものならみんなと同じものを食べさせてやりたい


という項目については、誰がそう思っているかがわりと未知数なのに気がついた。

このカッコのなかに、いかに関係者全員をまきこんでいくかが
今回の30%なのかもしれないなあ。
[PR]

by youcanrun | 2010-02-27 00:00 | 代替給食


<< 先週の代替給食      着地失敗 >>