2010年 02月 23日
着地失敗

コケました。

昨日の更新の後、さっそくのジャンプ失敗です。
完全に、私のミスだった。
オリンピックのコーチも、選手がコケたあとはこんな気持ちだろうか…。
(↑こんな小さなことと比べられたくないか~~(^ ^;)


月曜日の給食、セルフフィッシュサンド、ワンタンスープ、くだもの。

セルフフィッシュサンドってなんだ!?原材料、メルルーサ?
要するに、魚のフライを自分でバンズ的なパンにはさむ…、そんな感じ?
メルルーサ、わざわざ探すわけないし。魚のフライ、好きそうじゃないし。
もういいや、フツーにいつものコーンフレーク衣コロッケで。


「ねえ、ぺっち~、月曜日、みんなは魚のフライなんだけどさ、
ぺっちはいつものコロッケでいいよね~?」

「やった!みんなよりいいものが食える!!」


あいかわらずいい性格だ(-_-;)


月曜日からコロッケ、ちと面倒だががんばっていこーー!
コロッケ作るのは面倒だけれど、パンはすでに実績もあるので
自然食品店購入の小麦パンでいいだろう。
月曜日なら、新しいパンを日曜日に買っておけるし。
(↑WM、週の真ん中だと買い物もままなりません…)

月曜日は行政の学童に行く日なので、民間の学童に行く日に比べると
運動量は多くなりそうだけど(校庭でガンガン走って遊ぶ)、
焼きそばのあともなわとびして大丈夫だったし、たぶん心配ない、
きっと今日も「飛べる」にちがいない。


月曜日の朝、コロッケを油で焼きつけながら気がつきました。



『ワンタンスープは除去なしでお願いします』



いけない!
ワンタンスープも小麦使用、しかも除去なしで依頼してあった。
「ワンタンで小麦使用するからには、パンは当然米粉パンで」、
除去の依頼表を記入した時にはそう思っていたんじゃなかったっけ?
ワンタンスープを食べるうえにパンも小麦では、完全に許容量オーバー?

気がついたものの、すでに6時をまわり、いまから米粉パンを焼くのは不可能。
冷凍米粉食パンはあるけど、きっと給食はバンズ型だし。

どうする?いくべき?やめるべき?
いけるんじゃない?飛ぼう。飛んじゃおうよ。



「今日は、コロッケとパン持って行くからね」

「お弁当箱、忘れずに持って帰ってきてよ~」



なんの疑いも持たず、息子は母の用意した給食セットを持って出かけていった。



職場でも、給食時間は意識していた。
外線電話が鳴ることはなかった。

午後になり、「もう3時だな」と思う。
大丈夫だ。どうやら、飛んだらしい。なにごともなかった、そう思ってよさそう。

帰社して家に向かいつつ、もしかして少しは反応出ているかも、
頬に発赤のあとが見られたりとか、などと考える。

母が家に着いてすぐに、息子も学童から帰宅。


「ただいま」


玄関を入ってきた息子の顔をすぐにのぞきこむ。



b0167392_558276.jpg



ああ、ボコボコだ…。





「ほっぺ、どうした?」

「なんか、ボコボコしてかゆくなったんだよね」

「ほかにもかゆいところある?」

「ない」

「そっか」

「なんでボコボコしたんだろ?」

「パンとワンタン食べたから、ちょっと小麦の量が多すぎたかな?」

「ふーーん」




学童のノートによると、外遊びの後、おやつのため室内に戻ると頬に赤くボツボツ出ていた。
おやつ後にまた遊びに行き、戻ると「かゆい」と言っていた。
5時半くらいにはボツボツも赤みもひいていた、とのこと。


うーーむ。


ひいていてこのくらいっちゅーことは、出た時にはさらにボコボコだったということか。
学童保育、働く母のことを慮り、ちょっとやそっとで呼び出しをかけてこないところに
非常に感謝し、また信頼もしている。実際、ケガの時の判断などはとても正確で心強い。
しかし、アレルギーに関してはどうか…。
これ、一歩まちがえたら膨疹レベルだったのではなかろうか。
特別な体質のわが子を人に預ける難しさについて、いまさらながら考えてみたりなんかして。



ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!
そして、見事に着地失敗。



すべて、コーチである私の責任だった。



かなり遠くまで飛べるようになった。
だけど、まだ「給食をみんなと同じに食べる」にはほど遠いと、思い知らされる結果となった。

いけると思って無理をさせた。完全に、私の判断ミスだ。




少し、落ちこむ。
やはりまだ、出口にはほど遠いのだ。

幸い、ボコボコがだんだんとひいていき、あまり痕が残らなさそうなので少し浮上。



明日のうどん、どうしよう。
チクショウ!もう、なにもかもやめちまいたい!!!



ドリカムが紅白で歌っていた、「その先へ」という歌が好きだ。
吉田美和がこの詞を書いた思いに比べたら、
アレルギーなんてかなり小さなことで、ここで持ち出すのも失礼なくらいだと思うけれど。



眠れない夜を もう何度も 乗りきったはずだから
悲しみの海を でもなんとか 泳いできたはずだから

何も起こらないように願って 誰とも関わりたくなくて
でもそんな日々を過ごす為に ここまで来た訳じゃない



その先へ、その先へ、

チクショウ、いつかまた、きっと、同じ場所で、こんどこそ飛んでみせる.
[PR]

by youcanrun | 2010-02-23 00:00 | 代替給食


<< 今週の代替状況と次年度の解除について      ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ! >>