2009年 12月 30日
年の瀬の六本木 ~お菓子めあての映画鑑賞~

年の瀬の六本木に行ってまいりました。

目的は映画観賞。
息子と「カールじいさんの空飛ぶ家」を見てきました。

はじまってすぐに気がついた。


やばっ!これ、字幕じゃん!!


吹替上映もたくさんあるとゆーのに、
よりにもよって字幕の3D上映を選んじまった!しまったーー!!

しかし息子、なにも言わずに黙って見てました。
セリフメインの映画じゃなくてよかった…。
しかし上映後のリサーチ。


「ごめーーん、英語だったけどお話わかった?」

「わからなかった」(きっぱり断言)


わからなかったけど、家が飛んだりいろんな冒険があったりで、
見ているだけでも楽しかったらしい。
ゴメン、次からは気をつけるわーー。

なぜ字幕しかないのに見に行く映画館を
六本木ヒルズのTOHOシネマズにしてしまったかというと、
電車の乗り換えが楽で行きやすいというのもあるのですが、
ここにはこんな楽しみもあるからで。

b0167392_7575496.jpg



映画館といえばポップコーン。

まわり中がにおいをプンプンさせて
ガツガツとポップコーンを食べている映画館だと、
ちっくしょ~と頭かかえてしまう食アレ家族だったりするわけですが、
最近では息子の場合、映画館でポップコーンは買ってもらえないものと納得しているらしく、
人が食べていてもウンともスンとも言わなくなりました。

そうなるとそれはそれで切ないのが親というもの。

ここ六本木のTOHOシネマズだと、↑のような
アメリカ~ンでポップなお菓子たちが量り売りで売られています。

たまにチョコ系なんかも混ざっていますが
たいていはグミやアメ系なので、ドギツイ色素などに目をつぶれば食べられるものが多いです。
それぞれの棚に原材料表示もちゃんとされていますので、選ぶのにも安心。

たまの映画でのお楽しみ、なだけでなく、
ハロウィンとか、みんなが飛びつくようなウキウキするお菓子、
アレルギーっ子も食べられるけど、みんなもワクワクするようなお菓子が
必要な時には、映画は見なくてもわざわざこれだけ買いに来たりもしています。


映画鑑賞のあとは、ヒルズから東京ミッドタウンに移動。

b0167392_8194461.jpgb0167392_844728.jpg


ここで、車で来た父と妹と合流しました。


父が聞きました。


「映画おもしろかった?」

「おもしろかった!英語だったけど」


ニャハハ、まあいいさ、おもしろかったなら。


なぜわざわざミッドタウンに移動したかといえば、
ヒルズにあった KOOTS GREEN TEA がなくなってしまい、
六本木ではミッドタウン店だけになってしまったからです。

ミッドタウンのKOOTSははじめて行きましたが、ヒルズに比べると屋内だしせまい。
ウーーーン、やっぱりヒルズ店好きだったんだけどなあ。

b0167392_8245695.jpg


ヒルズ店のKOOTS跡地はこんなものになっていた。


b0167392_86121.jpg


Oh!アレルゲンのかたまりね!食べられるものひとつもなさそうよ~~
流行りものかよ!すぐに消えるぜ!とヒルズからミッドタウンに移動する途中で
思わず毒づいてしまいましたが、ヒルズ→ミッドタウン、歩いてみると意外と近かったです。

六本木を歩くなんてめったにない機会なので、
いや~~六本木も変わったねえ、とオバチャン思わず感慨深かったです。
六本木といえばアマンドからアークヒルズ方面に歩いて…とかいう時代もあったのに、
いまや車でヒルズかミッドタウン…、自分も六本木も変わったなあ。
いけない、最後は世代ネタか。年がバレるのでここはこのくらいにしておこう!

以上、年の瀬の六本木リポートをお送りしました。
たぶんこれが今年最後の更新になると思います。


みなさま、よいお年を!!!
[PR]

by youcanrun | 2009-12-30 00:00 | ここ行きました


<< あけましておめでとうございます...      キャラ弁 ~フェアリーテイル ... >>